2016-06

過去との対面か

実習問題はなんとか解決の方向へ。
つまり、実習の辞退を謝罪し、新たな選択肢”中学校”への教育実習を視野へ。

ちなみに僕は教師になるつもりは今のところありません。
ではなぜ、教職を取り続けているのか・・・・・
これを語るのはまた後日。

さて、高校の実習へ行きたかった思いと、実習面接のために手間ひまかけてくださった先生方への申し訳なさがこみ上げてきます。何故高校への実習を好むかという話ですが、なんせ高校は今の私の人生を決めた場所であり、恩師が多くいるため同じ教壇で授業を行ってみたいという気持ちもあるからです。

それに加えて、高校生の方が好きなんです。変な意味ではありません。(いえ、全否定はできませんね)
なんせ高校は同じ水準のレベルの人が集まっているのです。ましてや進学校、高度な社会が形成されています。少なくともある程度の秩序が保たれ、トイレが壊れたりケンカが勃発したりすることは滅多にないのです。


一方で中学校は、学区制のため集まるのは多種多様な人材。まさに”人種の坩堝”なのです。
(レーシストではありません)

つまり、勉強に来ている人間だけでないというわけです。学生時代はそういうやつらがいたから楽しい思い出ができたのは事実です。

ところがどっこい、今回は教師という立場、つまり生徒が忌み嫌う存在として帰るのです。
思い返せば授業って、計画通り進まないこともあるのです。もちろん教師の力量不足ではないです。
生徒による予想外の妨害が入るのですよ。僕は怒らずに堪えられるかってのが問題になってくるわけです。


そして中学といえば俺の青春(笑) 
とんでもない黒歴史を作り出してきた場所ですよ。今でも昔の記事を読み返すと恥ずかしくて恥ずかしくて・・・・

でもまあ、考え方次第では過去と対面することで、かつて自分が考えていた20代と今のギャップを埋めるための第一歩を踏み出すための機会としていいのかもしれませんね。


何にせよ、一つ一つ問題を解決していくしかないようです。

あの頃聴いていた歌を聴いていると、あの黒歴史もまあアリかなと思ってしまいます

スポンサーサイト

一難去ってまた一難

どうもwingです。
先日の教育実習の件は受け入れ許可をいただいたんですが、ここで問題が起きました。

実習までに必要な単位を履修していなかったとのことでした。教務課窓口で僕が怒ったのは言うまでもありません。

言い訳をさせていただくと、教務課の職員が教育実習事前研修の際に確認したところ

「大丈夫ですよ。」と言ったのでした・・・・

起きてしまったことはもう取り返しがつきませんので、謝罪の電話を後日します・・・・
にしても、せっかく受け入れてくださった先生には申し訳ないです。それに恩師が多くいる高校でしたので高校へ行きたかった・・・

問題がそれだけならいいのですが、それだけに留まらず、郵送したはずの大切な書類を紛失したと大騒ぎしたあげく、封筒に不備があり郵便局に送り返されていたという事件が起き、両親にひどく叱られたり、家の中に蟻が大量発生していたり・・・・

嫌なことばかり起きており、これに加えて来週からテストなので本当に疲弊しています。


とはいえ、頑張らなくては。。。

時の流れるスピードは速くて

どうも、wingformです。

現在2年後の教育実習の面接のために帰省しています。
やはり実家はいいですね、ご飯は出るし、洗濯は親がやってくれたり....
やはり一人暮らし始めてからありがたみがかなり感じるようになりました・・・

さて、今回は久しぶりの高校訪問ということで、既にお世話になった先生方の中にも異動された方もいるので、どれくらい知ってる先生方が残っているか心配でしたが予想以上の数が残られていたようで安心しました。
職員室に担当の先生に会うために入室するやいなや、数名の先生方は私に気づいてくださり

「wingじゃーん、久しぶり!」
と大声で挨拶してくれ、おかげで先生方は短い休み時間であるのに関わらず私と話してくれました。
生徒会長はやっとくもんですね!!笑
未だに覚えてくれている先生方には感謝です。2年後の実習の頃にはどのくらい知っている先生方が残っているか心配ではあります。


さて、実際の教育実習の面接ですが、、、まさかの必要書類を実家の机の上に忘れてくる失態・・・
母に頼み、無事?面接を始めることが出来た訳ですが・・・・

先生 「どうして世界史という教科を選んだの?」
私 「世界史は、センター試験といった単純な大学受験のために役に立つだけではなく、グローバル化が進んでいると言われている現代において、世界というものを知るためにも役立ちます。更に、現在の中東情勢をはじめ国際情勢を考える際には必須の知識ですので・・・・」

とまあ、当たり障りの無いことを言って最後の質問まで至ったわけですが、その最後の質問が

「あなたは教員採用試験を受けますか??」

とのこと。 実際私は教師になるといったことを本気で考える事無く今まで教職の授業を取り続けていたため、ありのまま”受けない”と答えてしまい、面接はいろんな意味で終了しました。

でもまあ考えようによっては、本気で教師になる気のない私が、本気でなりたい人の教育実習の機会を奪うくらいなら、それはそれでいいかなってなりますけどね。
せめてもの、採用面接に落ちたときの強がりとして言わせてください(笑)


しかし改めて母校に帰ってみて感じたことは、挨拶ができる学生が多くて驚いた!ということです。

いや、よく来賓の方々が口を揃えていっていたことがありますが、私が学生だったころは

「何言ってんだよ、普通だろ?」 

なんて思ってましたが、大学合格後、東京に出て、色々やってると、堂々と知らない人に挨拶ができるっていうことは実際にすごいなのではないかと実感しました。
昔は当たり前にできたことも、今じゃできないなんて嫌ですね。。。。


しかしまあ、やはり母校や実家をはじめ、故郷は素晴らしいですね。
将来はここで就職して〜なんては思いませんが、帰ってくると東京都比べ静かだし、落ち着いて過ごす事ができるし、住みやすいなあと益々感じます。

それに、ここで長い間過ごしていたので色々思い出しては、あの頃に戻りたいなあと思ってしまいます。
特に目の前にあるかつて通っていた中学校で行われている部活動を見ると尚更です。


さて、思い出に浸るのもこれくらいにして、明日の昼に高速バスで故郷を発ち再び東京へ。
テスト期間までもう少しなのである程度勉強しなくてはいけなくなりますね。

ではまた

誕生日いえい

こんばんはwingformです。
5月30日でついに私も21ですよ、いやですね!!

年を取れば取るほど、友人が減る一方で困難ばかり増えていくのはいかがなものかと思いますが・・・
されど時間は不可逆。後悔ばかりではありませんが、思い出すと恥ずかしくなることばかりであるのは事実です。(まあこのブログを頻繁に更新していた時期の記事なんて眼も当てられませんね)

きっとこれからも嫌なことは尽きないでしょうし、むしろ増える一方だとは思いますが、そんなことに負けずに生きていきます。どうせ離れていく者ばかりがほとんどなんだと知ってしまった今では無理をしてまで人に合わせず無理せず、そこそこてきとーに生きていきます。

とりあえず直近の課題は1年間のメキシコ留学(半年以上はインターンする予定なんですが)ですね。

ではまたみなさん、お会いしましょう

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

wingformΩ

Author:wingformΩ
1995年5月30日生まれ

自分だけが出来る何かを探してます。

FC2カウンター

最新コメント

最新記事

カテゴリ

未分類 (50)
バトン (14)
α (371)
クククク (2)
お知らせ (14)
ラジオ (7)
旅日記 (24)
仮面ライダーWING (3)
俺の挑戦!! (6)
ゲームとか (4)

検索フォーム

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック